2008年11月06日

C1フェイスリフト


日本では(公式では)売られていないC1が本国でフェイスリフトしたそうです。

シトロエンC1がフェイスリフト(carview)

08110601.jpg

08110602.jpg

並行輸入で入ってきたC1を見る機会は何度かありましたが、バンパー部の変更でなかなかかっこよくなってると思います。
でも次のC4、そして現行プジョー車同様に、黒い太いモールがバンパーグリルを横切ってます。
PSAグループはこのデザインを今後踏襲するのでしょうかね。
(自分はあまり好きなデザインではないです)

兄弟車のプジョー・107とかトヨタ・アイゴとかもそのうち変わるんでしょうかねぇ。
サイズ的にトヨタのIQとかぶりそうですから、日本でも売ればいいのに、と素人は思ってしまいます。C2、C3の復活と同時にC1も是非入れて欲しいものです。

08110603a.jpg
ちなみにこちらが現行?C1@FFE
よく見るとホイールがC4VTS用に似てますな
(スポークの数が違いますね)


−−−−−
posted by ぴろし先生 at 00:00| ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | シトロエンネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
C2もC3も是非国内販売を復活させて欲しいものですよね。
いずれも国産車でも激戦区ですから価格的には太刀打ちできないのは明白ですけど、C1みたいな車こそインポートして欲しいと思います。

FBMへの参加を機にブログを作ってみました。
勝手ながらリンクに登録させて頂きますが、不都合ございましたらご連絡下さい。
CAFE LATINA
http://cafe-latina.at.webry.info/
Posted by HIЯO at 2008年11月06日 18:24
HIЯOさん>
コメント遅くなってすいません。
C2もC3も国内で売らないのは今だけ、という噂も聞きましたが、
いつ再開されるのやら・・・ですね。
リンク大歓迎です!ありがとうございます!
Posted by ぴろし先生 at 2008年11月13日 13:58
C1のブログを探していたらここに来ました。
当方C1に乗っています。シトロエンであってシトロエンでない。
C1はそんな車です。巷の1リッターカーより20cmは小さく軽と変わりませんがちゃんと使える4枚ドア。マニュアルミッションは逸品です。ダイハツブーンにもトヨタパッソのもちゃんと載っかっている1KR-FEエンジンなんですけどパッソもブーンもマニュアルの設定がありませんから。1985年BX TRS 5速マニュアルと操作感が同じなんですね。時代が20年違っても乗り味が同じには驚嘆します。ボンネット開けてラジエターキャップに”熱湯注意”の日本語みると興ざめするどころかホッと胸をなでおろす?安心感があります。灰泥崇拝者の恒例行事の車の下を覗く行為も無しですから良い事尽くめ?かなあ。
そうそう燃費が20キロ/1リッターは全くのエコカーですね。
良くないところはC1乗っていらっしゃる方と一度もお会いできない事でしょうか。
Posted by 弱虫 at 2008年11月15日 20:16
弱虫さん>
コメントありがとうございます!
日本国内ではほとんど見ない(FFEではたまに見ますが)C1にお乗りなんですね。
あのクラスであのパッケージをMTで駆るのは快感でしょうね。にしても「熱湯注意」と書いてあるとは・・・^^;
燃費が激烈いいですね。自分のC4は8〜9の間くらいですから、C4の中でも悪いほうでしょうかね(街乗りがほとんどなもので)

どちらにお住まいかわかりませんが、FFEにいらっしゃると京都ナンバーのC1がよくいらっしゃいますよ。
でも一度も会わないっていうのも希少価値があっていいじゃないですか。でも一度も会わないってのはさすがに寂しいか・・・^^;
Posted by ぴろし先生 at 2008年11月16日 22:30
ひろし先生
ご返事ありがとうございます。当方は関東在住ですから先日行ったFBMくらいでしょうかね、くるま好きの集まりに行く事などは。107を1台見かけたくらいです。同じ車に会わない事はすでに20年前からの変態車というよりC1同様に「型式不明」車ばかりを乗り継いできていますから慣れてしまったかもしれません。
C4の燃費は車体の大きさや車重を考えると標準的ではないかと
門外漢である当方はそのように思いますが。ただ今年オランダのアムステルダムで運転したC4のディゼルターボのマニュアルミッションは彼の地では全くの不満どころか知らない間ににやにやしてしまいましたね。ただし彼の地はベンジンよりも軽油の方が高いですから燃費が良くても出費は同じでしょうか。
デザインの事で言うならC4はピカソ5シートが逸品と思います。サイドのキャラクターラインのキックアップがXMやSM的でいい感じ、そして何よりも大きさが丁度良いです。(どうしても7シートが必要というなら選ぶ所がありませんが。)
人気のシトロエンの筆頭はこのピカソでしょうから色々様々のシトロエン好きの方のメーンカーやセカンドカーで活躍していますね。
そうそう先日は高速道路も200キロくらい走ってみたらC1の燃費が22キロでした。流石にメードインジャパンのエンジンだな。
Posted by 弱虫 at 2008年11月17日 21:18
弱虫さま>
再度のコメントありがとうございます。
FBM行かれたんですね!でも自分は今回はC1見つけられませんでした。
関東ご在住でしたら、FFE(12月開催)に是非いらしてください!
いつもC1は羨望の眼差しでみられてますよ。
そして自分もピカソ5シーターはかなりいい出来だと思ってます。
でも絶対日本には入らないみたいですけどね、残念。。。

それにしてもいろんな「形式不明」という変態車・・・失礼、珍しい車遍歴のようなんですね。
自分ももう一台がセラという変態車なので、勝手に好感を持ってしまいました。
にしてもシトロエンに乗ってる人は普通の人はいないって感じです^^;
Posted by ぴろし先生 at 2008年11月19日 12:29
ひろし先生
FBMに行きました。大変に寒かったですね。はじめてです、あれほど寒かったFBMは。会場には3000台ほどのフランス車が集まったとお聞きしております。私もC1は1台も観ませんでした。もしあったならオーナーの方とお話がしたかったと思います。当の私もC1では行きませんでした。(すみません。)
C4ピカソの5シートは売っていました。カーボックスさんが理想の1.6リッターターボディゼルのMT仕様を販売しておりました。価格的には大変に厳しいでしょうけれどC4を新車でお買い求められる勇気?!をお持ちの方々なら比較的容易に有意義な選択だろうと思います。
7座席であるなら東京品川の「ジャベル」の竹村氏のところで同じ2.0のディゼルターボが比較的人気の様です。いずれにしても正規輸入車に拘りがあるなら眼中にはないでしょうが、こちらもとても面白い選択肢だろうと思いますがいかがでしょうか。
FFEはどちらで行なわれるイヴェントなんでしょうか。行ってみたいものです。今週はあちこちで色々なミーティングがある様です。
ガルウィングのセラはとても面白いお車ですね。夏の炎天下ではグラスカプセルの中は?どんな感じになるんでしょうか。
私の「型式不明車」のひとつにこのセラと言うお車に良く似た
ルノーエスパスクワドラ(1991年式)は着座した状態で腰から
上が全て窓の車です。ボディー全体がプラスティック製でステアリングを切っても曲がらないようなメーカーは売ってはいけない?車だなあと本当にそう思いました。夏は温室の中状態でした。良い車です。お気に入りでした。
シトロエンは普通の人はいないかも。でも「シトロエンは人の縁」を作ってくれます。そんな車ですね。
Posted by 弱虫 at 2008年11月19日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109169496

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。